リノベーションのデメリットで最初に知っておきたいポイント!

お役立ちコラムCOLUMN

リノベーションのデメリットで最初に知っておきたいポイント!

リノベーションは、簡単にいえば「これまで住んでいた住宅を改修する」ことで、新築よりも費用が安いことなどから人気があります。リフォームは、リノベーションの一つともいえますが、リノベーションの方が大々的な住宅改修というイメージで良いでしょう。また、中古物件を購入し、リノベーションをするという人も最近では多くなっています。ですが、リノベーションはメリットだけではありません。実際にリノベーションを行ってから「こんなはずじゃなかった」という結果にならないためにも、メリットと併せてデメリットも把握しておくことが重要です。

リノベーションのデメリットで最初に知っておきたいポイント!

リノベーションのデメリットはある?

リノベーションは、メリットだけでなくデメリットもあります。しかもそれは、持っているもしくは購入する住宅のタイプによっても変わってきます。自分の持ち家をリノベーションする場合もあれば、中古の戸建て住宅を購入し、そのままリノベーションする人もいれば、中古マンションを購入して実施する人もいるかもしれません。建物の外側は変えずに中身だけ変更するのだから、そんなに大きなデメリットはないのでは?と思われがちですが、実際にはリノベーションのデメリットはいくつかあります。それぞれの建物によって注意する点があるので、しっかりと抑えてから計画を立てたいところですね。

リノベーション物件のデメリット

最近では、リノベーション物件も人気があります。略して「リノベ」と呼ばれていて、新築物件を購入または建てるよりも費用が安いことで話題になっているのです。リノベーションが済んでいるわけですから、契約をすればすぐに住むことができますし、利便性も高いかもしれません。ですが、リノベーション物件にもデメリットは存在します。その一つが、リノベーションの範囲です。一見すると、とてもきれいな内装になっていて、住みやすい感じがしても、その内装がどこまでされているのか、きちんと確認する必要があります。壁紙や床材だけが新しくなっているだけで、配管が古いままであるなどの見えない部分での劣化が修正されていない可能性があります。

次に、耐久性や耐震性も重要です。見た目だけがきれいになっていて、建物の構造が分かりにくいため、購入後に再度改修が必要になるケースもあります。耐震性に関しては、リノベーション物件自体が古い建物である可能性が高いので、そこを補強してあるかどうかも確認しておきたいところです。特に、マンションタイプのリノベーション物件は、躯体の工事ができないため、大きなデメリットになりかねません。さらに細かな話になりますが、電気容量やコンセントの数も知っておいた方が無難です。リノベーション物件は、元になっている建物が古いことが多いので、電気容量も低いままということが多いです。最近では、さまざまな住宅家電がありますから、少し使っただけでブレーカーが落ちてしまうのでは、これもデメリットといえるでしょう。

マンションや戸建てなど中古物件のリノベーションデメリット

マンションや戸建て住宅を購入後、リノベーションする場合にも、デメリットは存在します。耐久性や内装面という点では、さきほどのリノベーション物件と同じですが、購入後のリノベーションとなると、違ったデメリットが出てくるので、いくつかお話しておきましょう。最初にどちらにも共通したデメリットですが、住むまでに時間がかかることです。リノベーションは、そこで生活をしながら工事をするということができません。簡単なリフォームであれば可能ですが、大掛かりなリノベーションは、完成まで別のところで生活することになります。リノベーションの期間は、工事内容によっても変わりますが、平均すると4カ月程度といわれているので、その間生活に支障のない場所を探さなくてはなりません。

その分も合わせて、リノベーションは費用が高くなります。もちろん、新築一戸建てを購入するよりは安くなりますが、リノベーション専用のローンを組まなくてはなりません。あらかじめ、予算を多めにとっておくことが望ましいでしょう。そして、マンションのリノベーションに関してですが、建物自体の規制や制限が多いので、必ずしも自分の希望が通るわけではありません。戸建て住宅については、購入には土地代も含まれるので、利便性を考えるとその分費用が掛かります。どういった場所に住むのかということも、最初に決めておきたいところです。

リノベーションにはメリットも

これまでは、リノベーションのデメリットをお話しましたが、メリットも多くあります。住みやすい空間を手に入れることができますし、生活環境に合わせて住まいを変化させることが可能です。新築の一戸建てやマンションを購入するよりも、はるかに費用が安くなりますし、将来的な家づくりにも大いに役立つことでしょう。メリットとデメリット、それぞれの許容範囲を自分なりに決めておくと安心です。

まとめ

リノベーションは、住みやすさを手に入れるための手段でもあります。デメリットやメリットはどんなことにもつきものですが、それを理解した上で検討すれば、失敗した!と後悔することはないでしょう。当社でも、リフォームやリノベーションに関して、経験豊富なスタッフをそろえております。練馬矢板橋方面でのフルリフォームをご希望の方は、ぜひお気軽にご相談ください。
お待ちしております。

おすすめのリフォームはこちら!

関連記事

  • 戸建てのリフォーム費用の相場は?買い替えとどちらがお得?戸建てのリフォーム費用の相場は?買い替えとどちらがお得? 戸建て(一軒家)のリフォームを考えたときに皆さんが気になるのは、ずばり「かかる費用」ではないでしょうか。 リフォーム費用によっては、買い替えを検討される方もいらっしゃると思います。 実際のところ、戸建てのリフォーム費用はどれくらいなのでしょうか。 今回は、戸建てのリフォー […]
  • リフォーム業者の選び方は重要!後悔しないリフォームのためにリフォーム業者の選び方は重要!後悔しないリフォームのために 自宅のリフォームやリノベーションを考えたときに、業者選びはとても重要です。リフォームといっても、その業者によって得意分野があるので、どこでも大丈夫ということではないのです。実際に、リフォーム業者選びを間違えて、トラブルになったという事例も多く、費用や時間だけがかかってしまい、失 […]
  • リフォーム業者の選び方で押さえるべきポイントとは?リフォーム業者の選び方で押さえるべきポイントとは? リフォーム業者は多少の費用が違うだけで、どこへ依頼しても大差ないと思っていませんか? 確かに、リフォーム直後は問題なく見えても「思った以上の額を請求される」「1週間後に壁紙が剥がれてきた」など、後から様々なトラブルが起こることもあります。リフォームは時間とお金がかかるため、で […]
  • フルリノベーションはデメリットがある?後悔しないリフォームとは?フルリノベーションはデメリットがある?後悔しないリフォームとは? 経年劣化の進んだ家に住んでいる方の中には、リフォームや建て替えで悩んでいる方もいるのではないでしょうか。 できるだけ費用を抑え新しい住処を手に入れる方法として、注目されているのが「フルリノベーション」です。フルリノベーションは建て替えやリフォームと比較して、費用面や環境面でメ […]
  • 筋トレのためにホームジムを作るときのポイントはこれ!筋トレのためにホームジムを作るときのポイントはこれ! 筋トレをしたいけれど、コロナ禍でなかなかジムに通えない、通いたいけれど何となく不安、こういう方は多いのではないでしょうか。そういう時だからこそ人気が出てきているのが「ホームジム」、いわゆる自宅にジムを作る、スペースを確保するということです。 ですが、「ジムを作るなら機材をそろ […]
  • ホームジムの作り方とは?最低限必要な道具や注意点を解説ホームジムの作り方とは?最低限必要な道具や注意点を解説 ホームジムとは、個人使用を目的として作られたトレーニングスペースのことです。 このコラムでは、自宅にホームジムを作る方法を紹介します。最低限必要になる道具や、作る上での注意点も詳しく解説しているので、ホームジムが欲しいという方はぜひ参考にしてください。 ホームジムに最低 […]

CONTACTお問い合わせ

東京・板橋・練⾺のリフォームならマッスルホームにお気軽にご連絡ください。
ホームジムを作りたい。懸垂機など筋⾁トレーニング治具を取り付けたい。など、
ご要望に寄り添ったご提案をさせていただきます。