キッチンはレイアウトで変わる!使いやすいポイントや注意点

お役立ちコラムCOLUMN

キッチンはレイアウトで変わる!使いやすいポイントや注意点

毎日使うキッチンは、レイアウトひとつで家事動線の良し悪しが変わります。
例えば、奥まった場所にキッチンがあると、暗くて孤独を感じたり、1人で立つのがやっとだったりと、不満に感じることもあるでしょう。
そこで今回は、使いやすいキッチンにリフォームするために、キッチンレイアウトのコツ・注意点などについて詳しく解説します。

キッチンはレイアウトで変わる!使いやすいポイントや注意点

キッチンレイアウトの基本パターン

キッチンのレイアウトは住宅の間取りによって異なりますが、基本スタイルは次の4つが主流です。

壁付けタイプ

壁に向かって調理や茶碗洗いなどをする壁付けタイプは、昔からの定番スタイルです。

メリットは、ダイニングからキッチンまでが広々としていて、キッチンの上部に吊戸棚などを設置することで、収納スペースも確保できる点です。
デメリットは、ダイニング側からキッチンがすべて丸見えになるので、こまめに掃除をしないと散らかって見える点です。調味料や調理器具など見えない収納を心がけないと、汚いキッチンに思われることもあるでしょう。

対面式タイプ

最近多いのが、ダイニングに向かってキッチンを設置する対面式タイプです。

広いDKの空間をキッチンで仕切る形に設置しますが、家事をしながらダイニングでくつろぐ家族を見られるのは大きなメリットでしょう。
デメリットは、キッチン状況によって水や油ハネでダイニング側が汚れてしまうことと、壁付けに比べてダイニングが狭くなることです。設備の種類や設置位置などの調整で、デメリットは解消できます。

独立型壁付けタイプ

ダイニングとキッチンに壁や扉があり、キッチンが見えないのが独立型壁付けタイプです。

独立型壁付けタイプは、アパートやマンションなどに多く見られ、ダイニング側からキッチンがまったく見えないので、調理への集中やある程度の散らかりも気にならないのがメリットです。
ただ、ダイニングを見ながら家事をしたい人にとっては大きなデメリットと感じるでしょう。

独立型対面式タイプ

独立型対面式タイプは、キッチンの一部に壁がなく、ダイニングを見渡せるレイアウトです。

造作壁や吊戸棚などで、水回りやコンロ周辺がダイニング側から見えない構造にできるので、急な来客があっても急いで片付ける手間がありません。
デメリットとして大きいのが、環境や間取りによってキッチン側が日中でも暗いことです。採光を考えたキッチンレイアウトをすることで、デメリットは解消できます。

使いやすいキッチンレイアウトとは?

普段の家事動線を考えたキッチンのレイアウトにすることで、後悔しないリフォームができます。

ワークトライアングルを意識

リフォーム前にキッチンレイアウトを考える時、必ず意識してほしいのが「ワークトライアングル」です。

ワークトライアングルとは、キッチンでよく使う「水回り+コンロ+冷蔵庫」を、逆三角形の点でつないだレイアウトのことをいいます。ワークトライアングルは、お互いの設備・機器が適切な距離ほど、作業効率もアップするので、イメージだけで考えるのではなく数字でしっかりとレイアウトするのがポイントです。

理想的なワークトライアングルの距離は、次の表を参考にしてください。

設備・機器

理想的な距離

シンクとコンロ

120~180cm

コンロと冷蔵庫

120~270cm

冷蔵庫とシンク

120~4210cm

対面キッチンは空間をイメージして選ぶ

対面キッチンを選ぶ時は、間取りやダイニングとキッチンの空間を考えて「アイランドキッチン」「ペニンシュラキッチン」を選びましょう。それぞれのキッチンには、メリット・デメリットがあるのでこちらも要チェックです。

 

アイランドキッチン

ペニンシュラキッチン

特徴

独立したキッチン

(壁から離れて設置)

・片側だけ壁に設置

メリット

・おしゃれなキッチン

・作業スペースが広い

・開放感がある

・部屋を広く取れる

・開放感がある

・間取り問わず設置できる

デメリット

・間取りによって設置できない

・部屋が狭く見える

・アイランドキッチンより開放感が劣る

どちらも調理中のニオイや煙が広がりやすいというデメリットもあります。

キッチンの型の特徴を知っておく

キッチンレイアウトを考える時、間取りや窓の位置などに合わせてイメージしますが、システムキッチンはシンクとコンロが一列のI型だけではなく、いくつもの種類があります。

どんなキッチンの型があるのか、前もって知っておくことで、理想的なリフォームを実現できますよ。

キッチンの型

特徴

I型キッチン

・シンクからコンロまで横一列に並ぶ

Ⅱ型キッチン(セパレート型)

・シンクとコンロを分かれている

・平行に設置し対面しながら作業

L型キッチン

・シンクからコンロまでL字に配列

U型キッチン(コの字型)

・キッチン中央を囲むようにシンクやコンロを設置

キッチンの種類によって家事動線が変わってきたり、広いDK空間を演出できたりするので、リフォーム前のシミュレーションが大切です。

キッチンレイアウトの注意点

キッチンレイアウトは、キッチンの種類や型だけを集中して考えてしまいますが、それ以外によく使うものの位置もしっかり決めなくてはいけません。

収納やゴミ箱は動線を考えて設置

キッチンレイアウトで意識したいのが、収納やゴミ箱の位置です。
例えば、食器棚がキッチンではなくダイニング側にあると、作った料理をお皿に盛り付ける時や洗った食器を片付ける時、とても不便です。同じく、ゴミ箱もキッチン内から離れた場所にあると、わざわざ歩いて捨てに行く手間が増えます。できるだけキッチン内ですべて終わるように、ゴミ箱は作業台の下にスペースを確保するなど、家事動線を考えた配置をしましょう。

冷蔵庫の位置や扉の向きに注意

冷蔵庫は、キッチンにいる時だけではなく、ダイニングから飲み物を取る時なども便利な位置に設置するのがポイントです。また、冷蔵庫によって扉の開き方が違うので、設置する前に使いやすい場所を考える必要があります。食器棚と冷蔵庫で設置場所で悩んだ時は、冷蔵庫を優先して考えたキッチンレイアウトにするとよいでしょう。

まとめ|満足したキッチンレイアウトのリフォームをしよう

キッチンレイアウトによって、家事動線がまったく異なります。間取りによって考えていたレイアウトが難しいケースもありますが、キッチンの種類を変えることで、広くて開放的な空間が作れる可能性もあるでしょう。
キッチンの使い勝手をよくするためのリフォームを検討されている場合は、ぜひご相談ください。

おすすめのリフォームはこちら!

CONTACTお問い合わせ

東京・板橋・練⾺のリフォームならマッスルホームにお気軽にご連絡ください。
ホームジムを作りたい。懸垂機など筋⾁トレーニング治具を取り付けたい。など、
ご要望に寄り添ったご提案をさせていただきます。