ホームジムの作り方とは?最低限必要な道具や注意点を解説

お役立ちコラムCOLUMN

ホームジムの作り方とは?最低限必要な道具や注意点を解説

ホームジムとは、個人使用を目的として作られたトレーニングスペースのことです。
このコラムでは、自宅にホームジムを作る方法を紹介します。最低限必要になる道具や、作る上での注意点も詳しく解説しているので、ホームジムが欲しいという方はぜひ参考にしてください。

ホームジムの作り方とは?最低限必要な道具や注意点を解説

ホームジムに最低限必要な道具とは

ホームジムと一口で言っても、スポーツジムのようにたくさんのトレーニングマシンを設置する本格的なものから、厳選したトレーニングマシンを1台や2台とダンベルだけを置いた簡易的なものまでさまざまです。
ホームジムは個人使用に特化した小規模施設であるため、絶対に設置しなくてはいけないマシンなどについての定めはありません。ただし、ダンベルだけで筋トレするならホームジムとは言わないのが一般的な考え方です。

スポーツジムに置いているような本格的なトレーニングマシンだと、1台で軽く10万円を超えるものも多いため、徐々にマシンの台数を増やしていきたいという方もたくさんいます。実際に、最初はホームセンターなどで販売されている簡易的なランニングマシンやエアロバイクを購入して、トレーニングを開始する方も少なくありません。
ただし、ホームジムが欲しい多くの方は、腕・胸などの筋肉を鍛えたいという希望が強いのが現実です。ウエイトトレーニング目的なら、まずはトレーニングベンチとダンベルを揃えることをおすすめします。

その他にも、ホームジムに最初に設置するマシンとして人気があるものとして「パワーラック」が挙げられます。パワーラックはパワーゲージとも呼ばれていて、左右両側にシャフト受けと高さの調節が可能な2本の水平のセーフティーバーを備えている4つの直立支柱からなるトレーニングマシンです。
バーベルの高さを自由に扱うことができるのが特徴で、ベンチプレス以外にも、バーベルスクワット、デッドリフト、懸垂などのウエイトトレーニングができるマシンです。パワーラックを設置するにはそれなりの広さが必要になりますが、一般向けにも販売されていて、あまりスペースがとれない方のために簡略化された商品も販売されています。

ホームジムに必要な広さ

本格的なホームジムを作りたいならスペースは広ければ広いほど好ましいですが、大豪邸で暮らしている人は限られています。ホームジムにパワーラックと、もう1つか2つのマシンを設置するとなると、やはり6畳程度の広さは確保したいところです。またパワーラックでトレーニングをするなら、ある程度の天井高も必要となり、マシンより20㎝程度は余裕があった方が良いでしょう。
最近の住宅の天井高は240㎝かそれ以上あるケースがほとんどなので、その場合はほぼ問題はありませんが、マシンを購入する前には念のため高さを確認してください。

ホームジムを作る際の注意点

ホームジムには重量のあるトレーニングマシンを置くことになるため、本来であれば床がコンクリートのガレージなどがおすすめです。
しかし、ガレージはあっても車庫にしている方も多く、6畳ほどのスペースを確保できないという方がほとんどでしょう。そのため、大抵は家の一部屋をホームジムにすることになるわけですが、1ヵ所にかなりの重量がかかることから、木造住宅であれば2階は避けた方が無難です。
これから家を新築したりリフォームしたりするのであれば、床の補強工事をすることを推奨します。

それができない場合は、パワーラックなどのマシンを置くスペースにコンパネなど厚めの板を敷いて、その上に最低でも5㎜、できれば10㎜程度のゴムマットを敷いてください。また、ダンベルなどを床に落とすことも考えて、道具を取り扱う場所にも落下させたときのことを考えて補強を施しましょう。特に天然のフローリングには傷がつきやすいので、トレーニングエリア全体にゴムマットを敷いて、見た目が気になるならその上にクッションフロアーやカーペットなどを設置するといいでしょう。

基本的には、床を補強してその上にトレーニングマシンを設置すれば、それだけでホームジムが完成しますが、それだけでもかなりの時間を要します。6畳の部屋に板材やゴムマットを敷くだけでも1時間程度はみておいた方が良く、パワーラックの組み立てにはそれ以上の時間がかかるのが一般的です。
パワーラックは組み立てが完了すればコンパクトになりますが、部屋の中に部品を広げるためにはかなりのスペースが必要になります。パワーラックを組み立てするには工具が必要となり、3時間程度の時間がかかるケースも少なくありません。

まとめ

ホームジムとは個人使用でトレーニングをするためのスペースのことで、パワーラックやトレーニングベンチやダンベルなどの複数の道具を用意して設置するだけで簡易に作ることができます。
ただし、トレーニングマシンはどれもそれなりに重量があって、家の床にそのまま置くと傷がついたりルフロアーを凹ませたりするなどの恐れがあります。そのため、ホームジムを作るときには床の補強をしっかり行わなければいけません。
また、ホームジムには6畳ほどの広さと、マシンに合わせて天井高にも注意しなくてはいけません。

おすすめのホームジムリフォームはこちら!

CONTACTお問い合わせ

東京・板橋・練⾺のリフォームならマッスルホームにお気軽にご連絡ください。
ホームジムを作りたい。懸垂機など筋⾁トレーニング治具を取り付けたい。など、
ご要望に寄り添ったご提案をさせていただきます。