無酸素運動とは?特徴・効果やトレーニング方法を解説

お役立ちコラムCOLUMN

無酸素運動とは?特徴・効果やトレーニング方法を解説

トレーニングを行うときに「無酸素運動」という言葉を聞いたことがあるという方も少なくないと思いますが、どのような運動かご存知ですか。
今回は、無酸素運動がどういうものか、どんな効果があるのかを詳しく解説します。トレーニング方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

無酸素運動とは?特徴・効果やトレーニング方法を解説

無酸素運動って何?

無酸素運動というのは、その字の通りに酸素を必要せず、糖をエネルギー源として利用する運動のことです。ほとんど酸素を体内に取り入れることなく行うため、すぐに息が切れてしまうことが無酸素運動の特徴となっています。

具体的には、筋肉トレーニングや短距離走、投てき、相撲などが無酸素運動です。高強度の無酸素運動を持続できるのは、およそ1~3分程度で、それ以上の時間運動を続けるためには十分な酸素が必要となります。

無酸素運動は、短時間で大きな力を発揮できるため、筋肉量を増やしたり基礎代謝を高めたりするのに効果的です。ダイエットを目的とするなら有酸素運動が効果的とされていますが、体重を落とした後でメリハリのある体を作るためには、無酸素運動を取り入れることが効果的だと言われています。

無酸素運動の特徴と効果

無酸素運動は短時間しか継続することができませんが、大きな力の発揮や速い運動を行うことができるために筋線維の中でも特に速筋が使われるのが特徴です。

加齢とともに速筋は委縮しやすい特徴がありますが、無酸素運動するときに速筋が働くため、年齢に関係なく速筋の筋量と筋力を高めることが可能となります。年齢を重ねると体力がどんどん低下していきますが、健康維持のためには無酸素運動はとても効果的な運動です。

無酸素運動の正しいやり方

健康維持のために効果的な無酸素運動ですが、正しい方法で運動をしないと意味のないものになる可能性があります。無酸素運動を行うときには、余力を残さないように全力でしっかり取り組むことがポイントです。決めた回数を繰り返しきちんと行うことにより、筋肉が強さを増して動作スピードの向上に結びつけることを可能にしてくれます。

ただし、無酸素運動を行うときには注意すべき点もあります。
高齢者や高血圧の方が無理して無酸素運動を行うと、筋肉を痛めたり血圧を上昇させたりして、心筋梗塞などのリスクを高めてしまいます。病院に通っている方は、主治医に相談した上で無理のない運動を行ってください。

トレーニングにおすすめの5種類の無酸素運動

自分で簡単にできる、おすすめの無酸素運動を5つ紹介します。

スクワット

誰でも簡単にいつでもできる無酸素運動がスクワットです。スクワットでは、体の中でも大切な太ももの筋肉を鍛えることができます。

スクワットにはいろいろな種類がありますが、行うときには背筋を真っすぐ伸ばして、バランスをキープしながらゆっくりと上下するのがポイントです。腰を浅く落としたり、前かがみになり過ぎたりすると効果は半減してしまいます。

プッシュアップ

プッシュアップとは腕立て伏せのことで、有名な有酸素運動の1つです。上半身を鍛えることができ、バストを支える大胸筋や小胸筋を鍛えることができるため、女性にもおすすめのトレーニングです。

プランク

無酸素運動の中でも、体感トレーニングの基本的なメニューの1つがプランクです。やり方は簡単で、うつ伏せになって床にふせ、肘を90度に曲げ、肩の真下になるように床につけ、前腕と肘とつま先を地面につけて体を浮かせて、頭から足が一直線になるようにキープしてください。
プランクは、体幹を鍛えてお腹周りを引き締めたいという女性におすすめのエクササイズです。腰が反れたり浮いたりしないように気をつけて、頭からかかとまで一直線をキープしたまま行うのがコツです。

はじめての方は、10秒もすると体が震えるので、短時間でも効果を実感できます。最初は長い時間できなくても、徐々に時間を延ばしていきましょう。

ダッシュ

ジョギングやランニングは有酸素運動ですが、ダッシュは無酸素運動で全身の筋肉を使うため、バランス良く体を鍛えたい方にはおすすめです。ダッシュを行うときには、つま先で地面をしっかり蹴って、太ももをあげることを意識しましょう。前屈姿勢になり過ぎないように気をつけて、距離は50m〜100mを目安にするといいでしょう。回数を事前に決めて、自分を追い込むことがポイントです。

ダンベル運動

ダンベル運動も無酸素運動の1つで、重さを調節できるので力の弱い女性にもおすすめです。ダンベルを持って腕を上下させることにより、二の腕を引き締める効果も得られます。

ダンベル運動には、フレンチプレスアームカールなどのいろいろなトレーニングメニューが用意されているので、目的に合わせて継続的に行ってください。他の筋トレと違って場所も取らないので、継続しやすいのもダンベル運動の特徴です。

おすすめのホームジムリフォームはこちら!

関連記事

  • 和室を洋室にしたい!リフォーム費用や依頼の注意点は?和室を洋室にしたい!リフォーム費用や依頼の注意点は? 昔ながらの日本住宅の特徴のひとつである「和室」。 畳はぬくもりがあり弾力があるので、ごろ寝をしても痛くないなど、居心地の良さが魅力的です。 しかし、環境によって「暗い」「湿気がすごい」などの理由からあまり和室を使わず、物置化している家庭も珍しくありません。せっかく和室があっ […]
  • 間取り変更する時の注意点は何?費用の相場も教えます間取り変更する時の注意点は何?費用の相場も教えます 間取り変更は、長い間住んでいるとその建物の老朽化や、住んでいる人の人数や生活環境によって住みやすさを考えた時に必要になるかもしれません。結婚や出産、就職などで家を出たため住む人数が減った、高齢になってきて生活に支障が出てきたなど、理由は様々ですが間取りを変更する事でそれらを解消 […]
  • ホームジムで床の補強が必要な理由は?床補強の方法や注意点を解説!ホームジムで床の補強が必要な理由は?床補強の方法や注意点を解説! ダイエット中の方や体を鍛えている方の中には、忙しくて思うようにジムに通えていないという人もたくさんいることでしょう。そんな方たちにおすすめなのが、自宅で好きなときにトレーニング器具を使用できる「ホームジム」です。しかし、ジムで使用するトレーニング器具の中にはかなりの重さがあるも […]
  • 筋トレとはどんなトレーニング?得られる効果も詳しく解説!筋トレとはどんなトレーニング?得られる効果も詳しく解説! 「筋トレ」と聞くと、多くの方がスポーツジムで重い器具を持ち上げる姿を連想すると思いますが、実はその種類は400とも500とも言われています。 このコラムでは、筋トレの基礎知識と種類について詳しく解説し、筋トレによって得られる効果も紹介しています。 筋トレとは? 筋トレ […]
  • キッチンはレイアウトで変わる!使いやすいポイントや注意点キッチンはレイアウトで変わる!使いやすいポイントや注意点 毎日使うキッチンは、レイアウトひとつで家事動線の良し悪しが変わります。 例えば、奥まった場所にキッチンがあると、暗くて孤独を感じたり、1人で立つのがやっとだったりと、不満に感じることもあるでしょう。 そこで今回は、使いやすいキッチンにリフォームするために、キッチンレイアウト […]
  • 有酸素運動とはどんな運動?家でもできるおすすめの方法も紹介有酸素運動とはどんな運動?家でもできるおすすめの方法も紹介 体を効率よく鍛えようとしていろいろ調べてみると「有酸素運動」という言葉を目にする機会が多くなります。テレビなどでも良く耳にするという方も多いと思いますが、それがどんな運動なのかを詳しく説明できる方は少ないでしょう。 今回は、有酸素運動とは何かを分かりやすく解説します。有酸素運 […]

CONTACTお問い合わせ

東京・板橋・練⾺のリフォームならマッスルホームにお気軽にご連絡ください。
ホームジムを作りたい。懸垂機など筋⾁トレーニング治具を取り付けたい。など、
ご要望に寄り添ったご提案をさせていただきます。